ストレスを我慢する必要はない

労働の基準に反する行動は反社会的な行動と解釈されています。パワハラは、職権などのパワーを背景にして本来の業務の範囲を超えて人格と尊厳を侵害する言動をして労働者の環境を悪化させたり雇用不安を助長することです。例えば、労働者を解雇するには、客観的に見て合理的と判断するために必要な根拠が必要になります。解雇されるほどの理由がないにもかかわらず、いつでも解雇できるという言動から半強制的に労働者を従えしようとする行為は、パワハラと判断されます。また、解雇はなくても転職や退職を奨励する発言もパワハラになる可能性があります。些細なミスにもかかわらず必要以上に叫んだり公衆の面前で指摘を繰り返し労働者にストレスを与えることも、典型的な例です。ひどい場合には暴力に至ることもあり、これはハラスメントだけでなく、傷害罪など刑事処罰に関係することもあります。時間以内に仕事が終わりそうにないようなことを強要したり、サービス残業を強制的に実行することもよくあるタイプのハラスメントのパターンです。職場で強制退去を命じたり、または仕事を全く与えないで話しかけても無視される問題も存在します。これも労働者には耐えることができないストレスになるため、当然ハラスメントの一部になります。このように、大切なのは労働の中において労働している人物の人格を著しく害するような行動を取っていないかどうかです。どれか一つでも当てはまれば専門の機関に行って解決をしなくてはいけません。パワハラについてもっと詳しく→【こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です